自動車保険のロードサービスはどこまでできる?

自動車保険のロードサービスはどこまでできる?


ロードサービスって何?

自動車に乗っていると、毎回ではありませんが時折ちょっとしたトラブルが発生することがあります。そんなトラブルをサポートしてくれるのがロードサービスですが、普段それほど使うことはないのでどんなことができるのかあまり知らないという方も多いことでしょう。最近は自動車保険でもある程度はサービスが付帯しているので、加入する際には料金や補償内容に加えて、万が一の時のロードサービスにも目を向けてみることをおすすめします。いろんなトラブルが考えられますが、バッテリーが上がった時や、ガソリンが無くなって走れなくなったり、タイヤのパンクや車のキー閉じ込みなどのトラブルに、すぐに対応してもらえるのは本当に助かったと思える瞬間です。

自動車保険のロードサービス

これまではロードサービスは有料だから使いにくいと考えていた方も少なくありません。しかし、自動車保険に無料で付帯している場合もあるので、それならば使ってみようと思う方も出てくるのではないでしょうか。概ねどの自動車保険でもタイヤのパンクのスペア交換、バッテリー上がり、ガス欠の給油、キー閉じ込みなどはついているのですが、細かく距離などが決まっていたりすることもあります。運転する時にそこまで考えることはないのですが、条件が適用される可能性があるということも覚えておくと良いでしょう。ロードサービス自体は特に何回利用しても保険料がアップする要素にはならないので、その点は気にせず安心して利用できます。

自動車保険の月額は加入する会社により異なります。そのため、パンフレットや電話相談・口コミなどで事前調査することが求められます。