高校受験に向けて、内申を上げるために塾に行くべき?

高校受験に向けて、内申を上げるために塾に行くべき?


高校受験における内申書の重要性

受験の中には内申書が関係するものとそうでないものがあります。中でも高校受験では内申書が大きな影響を持ちます。具体的にどれくらい内申書の影響があるかは都道府県によって異なりますが、当日点と同等の比重を占めるケースも少なくありません。当日点と同等ということは、内申書の成績を1上げることは当日点で1点多く取ることと同じということです。それが三年分になるとさらに大きな影響を及ぼします。高校受験で有利な立場になりたいのであれば、中学一年生の頃から内申対策をしておくことが重要となります。学習塾の多くは内申書の重みを知っているので、成績を上げるためのカリキュラムを組んでいます。様々な事情で受験前しか塾に通えないというケースも少なくありませんが、内申対策のために塾に通うことも大切です。

塾で内申対策を行うときのポイントとは

塾で内申対策をしているにも関わらず、成績がなかなか上がらないケースは存在します。中学校の成績は中間テストと期末テストの2回でほぼ決まってしまいます。普段順調に勉強していても、この2つで結果が出なければ成績は上がらないということです。そのため、必然的にテストが近づくにつれて勉強の濃度を上げる必要があります。自習室やテスト前対策プログラムなど、とにかく塾のありとあらゆるシステムを活用してテストの点を取りに行きましょう。テスト前とそれ以外の時では勉強のペースを変えなければなかなか結果を出すことは出来ません。テストの結果が成績に繋がり、ひいては受験に繋がっていきます。塾を思いっきり活用しましょう。

受験を控えた学生は、合格のため様々な学習塾に足を運びます。個別指導では、自分の希望する教科や内容に合わせた学習が可能です。